FC2ブログ

甲州ブドウ

ワイン用のブドウ品種は、世界にはたくさんありますが、
「甲州」という品種は日本固有種で、ここ勝沼地域を中心に栽培されているブドウです。


甲州ワイン2238
↑これが甲州ブドウなのかはハテナです(・・?





ふらりと訪れた中央葡萄酒ワイナリーで、一冊の本と出合いました。

「日本のワインで奇跡を起こす 山梨のブドウ甲州が世界の頂点をつかむまで」
中央葡萄酒 三澤茂計・三澤彩奈 著  (ダイヤモンド社)

昨年出版されたこの本は、今の日本ワインのことを知るのにわかりやすく、とても楽しかったです。


2019060710263282e.jpeg


甲州は、長い間ワイン用には適さないと見られてきました。
元大手商社マンだった茂計さんは、グローバルな視点を持ち、甲州の可能性を信じて世界市場への挑戦を、
そして、娘さんでもある醸造家の彩奈さんは、世界中で修業し、甲州のワインを世界の舞台へと導きました。


甲州というオリジナリティを大切にし、山梨ワインをどう発展させるのか。
日本ワインをどう競争力のあるブランドに育てるのか。
日本ワインの歴史は、いま始まったばかりといいます。


甲州ワイン2216
中央葡萄酒さん


醸造家 彩奈さんの言葉です。
“魂と愛情と、試練をいとわないほんの少しの勇気があれば唯一無二の味わいと品質を表現できます”

ああ、なるほど。
土地の気候風土の恵みと醸造、それらはワイナリーの表現なのですね。


20190607085632988.jpeg


甲州市は、38のワイナリーが集まる国内屈指のワインのまち。
マップガイドは観光案内所でもらいました。






つづく

関連記事