FC2ブログ
Welcome to my blog

花とともに生きて(ちひろ②)

小さいときから、いわさきちひろの画集や絵本はいつもそばにあったので、
好きとかそういう簡単な言葉では表現できない深い思いがあります。
最近は写真ばかり撮っていますが、水彩画を描くのも好きで、
ちひろの絵は、一時期夢中になって真似をして描いていたことがあります。

最近、ちひろ美術館のSNSをみるようになり、
そういえば原画はみたことがないことに気が付きました。
ちょうど、花を特集した展示が始まったので、行ってみることにしました。


ちひろ美術館2005


信州花フェスタ2019開催記念 
ちひろ 花とともに生きて
2019.5.17 - 2019.7.16


「子どもも花も大好き」と語っていた画家いわさきちひろ。
花は子どもと同様、生涯を通じて描き続けたテーマでした。
その暮らしのなかには、常に花がありました。
花はちひろの心と創作を支えた大切なもののひとつだったといえます。
本展では、花と過ごしたちひろの暮らしと、花の表現の変遷を紹介します。
(安曇野ちひろ美術館)



ちひろ美術館1894


たっぷりと展示されています。
初めてみる原画に、なんでしょう、この気持ち...
衝撃とか感動とかそういうのともまた違い、言葉がみつかりません。
恐らく放心していたのではないかと思います(笑)


イカリソウ


もう、言葉はいらないですね。







つづく

関連記事