FC2ブログ
Welcome to my blog

氷点下の朝



霜の花8867



霜の花8851



霜の花8917


山を登るときは足元にひっそりと咲いていた小さな霜の花。
気温が上がったこの日、下山するときにはもうその姿はありませんでした。
その儚さに魅かれます。


今年も一つ一つのsceneを丁寧に心に残していきたいと思います。



関連記事