FC2ブログ
Welcome to my blog

八王子夢美術館 特別展 “広重”


五月下旬から、八王子夢美術館で開催されていた広重展。
ずっと行きたいと思いながら、ようやく最終日の夕方に駆け込みで行くことができました。


夢美術館_広重3276

『広重 -二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版-』
5/25~7/1まで(終了)


江戸後期に活躍した歌川広重の代表作「東海道五拾三次」。
江戸の日本橋から、京都の三条大橋までの旅の風景を描いた作品は、
当時人々の旅行や行楽への欲求を背景に大ヒットとなり、
広重は生涯にわたって、20種類以上もの東海道シリーズを制作しています。


今回は、広重30代の出世作、保永堂から出版された作品と、
50代で描いた、丸屋清次郎の寿鶴堂から出版された作品が、同時に展示されていました。
一瞬を切り取った絵は、まるでスナップ写真のよう。
活き活きとした人々が細部まで描かれ、一枚一枚見れば見るほど引き込まれていきます。


同じ町の作品が並んでいることで、構図や視点の違いと合わせて、
年を重ねても変わることのない広重ワールドも楽しむことができました。


広重の旺盛な創作意欲、ワクワク感、空気感...
私も、そういうものをずっと大切にしていきたいと思います^^