八王子四季折々

ARTICLE PAGE

八王子で東山魁夷展



八王子にある東京富士美術館で行われている「東山魁夷展」へ行ってきました。
ここの美術館を訪れたのは初めて、国民的画家・東山魁夷の作品を見るのも初めてでした。


東京富士美術館9870



長野県信濃美術館東山魁夷館が所蔵する作品を中心に、
初期の頃から晩年までに描かれた約80点の中には、代表作の他に、
その作品が作られるまでの習作やスケッチなども合わせて展示されていて、
入念な取材と準備の様子も伺え、とても見応えがあります。


作品を通して自然との対話の大切さを語り続けてきた東山魁夷。
多くの旅を重ね、畢生の大作、障壁画を描いたのちも、70歳ころから新たな画境へ駒を進めます。
展示は、若き日から時を追って、亡くなった90歳頃の未完作品で終わっています。



東京富士美術館9875


豊かな抒情性
精神的な深み
心の眼差し
清澄
平明


私の拙い言葉ではうまく表現できないのですが、
もう震えるような感動、その余韻が収まらず二日後にもう一度観に行ってしまったほどです。
大袈裟ではなくて運命的な出会いさえ感じ、白馬が迷子の私を導いてくれているようにも感じました。




★『東山魁夷展』 3月4日まで。 東京富士美術館(東京都八王子市)