八王子四季折々

ARTICLE PAGE

美しい風景写真100人展


隔月刊誌『風景写真』&富士フィルム主催の「第13回美しい風景写真100人展」を見に
六本木ミッドタウンにあるフジフィルムスクエアに行ってきました。


なんだか六本木は眩しいなぁ・・・


風景100人展9670


今回は、八王子市にお住いの内藤昇さんが入選されたという嬉しいお知らせを聞いて足を運びました。
内藤さんとは、八王子市の行事などを撮影するボランティアカメラマンのお仕事をご一緒させていただいてから、
写真活動を通して交流させていただいています。


20171223184919902.jpeg


内藤さんの作品は、睡蓮の葉が水面に描く模様を、とても美しく表現されていました。
残念ながら在廊されていらっしゃらない日だったので、このお写真を撮られた背景などは伺えませんでしたが、
素直に「綺麗だなぁ」と感動しました。


20171223184916347.jpeg

今回はプロもアマも混じっての作品展。
私なんかがみれば、技術的なことや撮影の難しさはよく分かりませんので、
正直なところ、このレベルになるとプロだから際立っているかということもありません。
どの作品も撮影者の思いや感動がひしひしと伝わってきます。


最近発売されたカメラ雑誌で、風景写真がつまらなくなっただの、どうのこうの書いてありましたが、
それは、専門誌だからこその当事者だけのごく狭い見解のような気がします。
綺麗な風景を見れば、一般的にはシンプルに感動することの方が圧倒的に多いと思います。


美しい・・・
風景写真においては撮影者の感動をより多くの人と共感できれば、それでいいのではないかと思いますけどねー。
難しく考えすぎていませんか⁇ 


むしろ、大事なのは届け方・・・
写真集、個展、ブログ、動画配信等々選択肢は色々とあり、
発信のデザイン性で個性を発揮できるかどうか、ということのような気がします。


今回気になったのは、この会場が厳重な監視の下、撮影禁止となっていたことです。
この時代いかがなものかと・・・⁇
多くの人の心を掴む風景写真。
こうして、私も会場の素晴らしさを伝えられないわけで、
仕方なく、広場のシャンパンゴールドの写真を載せている次第であります。




もっと大らかに、楽しく☆




★「第13回美しい風景写真100人展」 東京会場は12月28日(水)まで。
この後、名古屋、福岡、仙台、札幌、大阪と巡回されるようです。


★お知らせ
内藤さんは写真ブログもされています。
私なんかより、ずっとたくさん八王子の素敵な風景を撮られています。
合わせてご覧いただきたく、ご紹介させていただきますね^^
ブログリンクphotalk