八王子四季折々

ARCHIVE PAGE

Archive

2016年02月 1/4

今日の空 ~冬の大三角~

今日で二月は終わりですね。オリオン座と冬の大三角。星空の下の夜景は、八王子の南大沢・堀之内方面の夜景です。ちょいちょい夜空を撮る練習をしていた中の一枚です。よく見えないですね(^_^;) もっと練習します。...

  •  -
  •  -

早春の夕やけ小やけの里

クロッカスミツマタウメそして・・・カエルのタマゴ!...

  •  -
  •  -

写真展 『久慈川の氷花』

『氷花(シガ)』厳寒期「シガ」と呼ばれる氷の小片が、無数に川面を流れて彩る珍しい現象。日本では、茨城県北部の久慈川と、北海道の空知川の2ヶ所でしか見られない希有な現象だそうです。(写真展説明パネルより)長年をかけて、氷花の様々な姿を撮影した写真家黒沢富雄さんの写真展を見てきました。その神秘的な素晴らしい風景と、水中に入って発生メカニズムを撮影し続けた貴重な写真に、感動でした。写真展は、明日28日(...

  •  -
  •  -

早春の「絹の道」

一昨日の朝は、雪景色の「絹の道」を撮りたかったのですが、雪は泡のようにあっという間に消えてしまいました。これも春が近いということでしょうね。歩いていると、梅に少しだけ雪が残っていました。おまけに、「ホーホケキョ」まで聞こえましたよ♪里山の風景が広がる鑓水地区こちらは「絹の道資料館」の梅です。お弁当を食べるスペースやトイレもあるので、お散歩の休憩にもいいですよ(^^)私は、ここでレンズ交換をして戻りまし...

  •  -
  •  -

絹の道物語

江戸時代・横浜の開港。八王子はもとより、長野・山梨・群馬方面からの輸出用の生糸はこの道を通って横浜の港まで運ばれました。この道の近くにある鑓水村では、多くの生糸商人が輩出。貧しかった小さな村は「江戸の鑓水」と呼ばれ、時代の流れと共に世界へ。財力もあり、地域文化もたいへん盛んであったといいます。また、この道を通って海外のものも運ばれました。たくさんの行き交う人で賑わった道・・・。しかし、明治時代、鉄...

  •  -
  •  -

雪割草

今朝は、八王子は一面雪景色でした。たった今、庭で撮った雪割草(ユキワリソウ)です。雪が似合いますね。雫の中に、雪割草のつぼみを入れてみました。ワンちゃんのお散歩中の友人から「きれいだよ!」とメールもきたことだし、折角なので、周辺の雪景色も撮ってこようと思います。昨日まで、ノロウィルスでダウン。夫には「おとなしくしているように!」と言われてますが・・・。じっとしているのも飽きてきました(笑)では、いって...

  •  -
  •  -

上恩方郵便局

ちょっとかわいい上恩方郵便局(#^^#)...

  •  -
  •  -

スノードロップ

...

  •  -
  •  -

高尾梅郷

ブログの写真もすっかり春色一色です。...

  •  -
  •  -

高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園は、八王子市の施設なんですね。こんな所があるのを初めて知りました。本格的な日本庭園です。(トイカメラという設定のまま撮ってしまいました。端っこが暗いですね(^_^;))若かりし頃、茶道と華道をしていたこともあって、こういう所は大好きです。この日、たくさん写真も撮りましたが、ほとんど失敗でした。また、四季折々訪れてみたいと思います。...

  •  -
  •  -