はちおうじ紅富士2

2017.03.30 (Thu)

bee-富士山8426


Category: 富士山 | Comment(10)

初心の富士

2017.03.27 (Mon)

カメラがまだ趣味でない頃に撮った富士山の写真を見つけました。
ニコンの「COOLPIX P500」というのを使っていました。ワイドからズームまでその楽しさを知るきっかけになったカメラです。

DSCN6158 (2)

散歩中に家の近くの山から撮った富士山です。

bee-富士山6228


写真の撮り方なんて何も考えていない頃に、こんな写真を撮っていたのだなぁと思いました。


Category: 富士山 | Comment(12)

寒の戻り

2017.03.18 (Sat)

真冬のような寒さが多かった今週は、お天気もあまりよくありませんでした。
ようやく晴れた一昨日は、真っ白に雪が積もった丹沢山塊がとても綺麗でした。

bee-丹沢-もみじ台9357

この日は裏高尾に花を撮りに行く予定でしたが、
久しぶりに富士山にも会いたくなったので、裏高尾へ行く前に朝一番で奥高尾へ登りました。

bee-富士山-もみじ台9354
↑もみじ台から

bee-富士山-一丁平9382
↑一丁平展望台から


長い尾根道の奥高尾ルート
木に葉っぱがないこの時期は見晴らしがよく、所々現れる真っ白な富士の姿を見ながら気持ちよく歩ける道です。


~高尾山→小仏城山にて~


Category: 富士山 | Comment(9)

はちおうじ紅富士

2017.03.16 (Thu)

足元の小さな花の写真が続いたので、
ちょっと気分を変えて高い所からの景色です。
八王子のお山の上から撮った朝の富士山です。

bee-富士山-陣馬山9295


やっぱりいいですねー富士は(*^^*)



Category: 富士山 | Comment(9)

See you soon.

2017.03.06 (Mon)

bee-富士山-三つ峠9454-2


最高のお出迎えをしてくれた富士山。
しばらくすると、あっという間に霧の中へ姿を消しました。



三つ峠からの富士山はこれでおしまいです。





Category: 富士山 | Comment(12)

Let It Be

2017.03.05 (Sun)


富士山-三つ峠


Category: 富士山 | Comment(8)

雲上デート

2017.03.03 (Fri)


bee-富士山-三つ峠9430







bee-富士山-三つ峠9436








bee-富士山-三つ峠9438

この季節に、こんなにすごい雲海が見られるのは滅多にないことと聞きました。

雲の上で富士山と二人きりのデート。
こんなサプライズで出迎えてくれるなんて...


~三つ峠山~



Category: 富士山 | Comment(12)

三つ峠山

2017.03.02 (Thu)

八王子の季節の写真に戻る前に、富士山の写真をあと少しだけ。

富士山を撮影するなら、是非行ってみたいと思っていた三つ峠山。
ここから見る富士は左右対称の姿がとても美しいそうです。
前から行ける日を狙っていました。

bee-三つ峠9422

天気予報では、一日穏やかな晴れの予報でした。
ここのところ強風の日が多かったので、この機会を逃すまいと向かいましたが、
朝からどんよりとした雲が広がっています。
河口湖まで行ってみたものの、富士山は全然見えません。ついていない日かな。

bee-三つ峠9419

三つ峠山では、きれいな樹氷の風景が見られましたが、
せっかくここまで来たのに、富士山が見られないかと思うと足取りも重くなります。

bee-三つ峠9455


淡々と続く急な山道をしょんぼりしながら登っていると、
少しだけ希望の青空が見えてきました。


bee-三つ峠9444



bee-三つ峠9447

そして、この後感動の絶景に出会います。

つづく


~山梨県富士河口湖町~


Category: 富士山 | Comment(16)

葉月富士

2017.03.01 (Wed)

家から撮ったある日の富士山です。

bee-富士山7839

bee-富士山8391

bee-富士山8713

bee-富士山8717

bee-空20161221-2


またまた富士山を撮りに行ってきましたので、
写真の準備が出来たらアップしたいと思います^^



Category: 富士山 | Comment(8)

心の風景 富嶽百景

2017.02.20 (Mon)

ただ今休業中のもう一つの「本ブログ」用に撮っておいた写真です。


bee-御坂峠8810

ここ河口湖を見下ろす御坂峠にある天下茶屋。
太宰治が師である井伏鱒二を訪れ滞在した所です。

bee-御坂峠8811

小説「富嶽百景」は、作品作りに悩んでいた太宰が、この天下茶屋滞在中の心境の変化を綴った私小説。

bee-御坂峠8817

御坂峠からの富士を
「どうにも註文どほりの景色で、私は、恥づかしくてならなかった」(太宰治「富嶽百景」より)

スランプに陥っていた太宰が悶々とした心で見た富士の姿。
もともと太宰は富士に対しての俗っぽいイメージが好きではありませんでした。

bee-御坂峠8827

ところが、滞在中に心の変化が現れてくると、富士を美しいと思うようになってきます。
富士に対する賛美と、その美しさを際立たせていく心象風景を太宰の言葉で見事に描いています。

bee-御坂峠8820

結局はいつも変わらず佇む富士。
そこに見える富士が違って見えるのは、心のあり方なのだと教わっているような気がします。

bee-御坂峠8816

ユーモアたっぷりに終わる最後も、心温まる作品となっています。

bee-御坂峠8956

これからも、もっともっと富士山を撮っていきたいと思い始めた時に、
良い本に出会うことができました。

~御坂峠天下茶屋~
続きを読む
Category: 富士山 | Comment(8)
back-to-top