八王子四季折々

CATEGORY PAGE

Category

八王子以外 1/16

山ツツジ

先日、山梨県の三つ峠山へ行ってきました。この山もたくさんの花が咲くことで有名なので、この季節に一度行ってみたいと前から思っていました。やや見頃は過ぎていましたが、山ツツジもまだ咲いていて、登山道ではたくさんの山野草にも会うことができました。眺めが良くて、緑の季節もとても気持ちがいいです。前回来た時は雲海でしたね~。↑この崖を登っている人がいます。スゴイ(゚д゚)晴れていれば、ここから綺麗な富士山が見える...

  •  10
  •  -

雨上がり・氷川渓谷その2

つづきです。お昼頃になると強く降っていた雨は止み、晴れ間が出てきました。氷川渓谷(東京都奥多摩郡)晴れ間が出ると、それはそれで帰れなくなりました(笑)おしまい...

  •  10
  •  -

五月雨・氷川渓谷その1

東京都奥多摩の氷川渓谷です。先日、不安定なお天気の中、渓谷と新緑の撮影に行ってきました。次第に強く降り出す雨。撮影は少し大変でしたが、雨に洗われた新緑がしっとりととても美しくやらずの雨となりました。つづく...

  •  14
  •  -

fantasy

今日も暑いです。春の陽気の頃が懐かしく思えます。...

  •  16
  •  -

innocent world

白糸の滝(静岡県富士宮市)明日からは暑くなりそうですね...みなさま素敵な週末をお過ごしください!...

  •  16
  •  -

「想像と創造」その3

つづきです。折角六本木まで来たので...と少し町の中を歩きました。ふらりとミッドタウンの方へ行ってみると、ふとある案内が目に飛び込んできました。こんな東京のど真ん中でまさか富士山に会うとは...。しかも開国して日本にカメラが入ってきた頃の写真・・・ということは初めての富士山写真です。開国後、日本を訪れる外国の写真家たち。「均整がとれ、類い稀なる優美さを誇る富士山は、各国を旅してきた彼らにとっても世界一美...

  •  4
  •  -

「想像と創造」その2

なんだか忙しい最近、新聞をゆっくりと読んでいないなぁと思いながら、たまたま新聞を読んでいると、ある記事に目が留まりました。羽生善治さんのコラムです。タイトルは「想像と創造」。「想像と創造」の関係の不変性をご自身の体験から語り、例えば映画や読書が想像力を磨くきかっけになることもあると。確かに前記事のミュシャ展でも、描かれている時代を想像してみたり、絵の中の人々の気持ちに思いを馳せたり、何よりこれほど...

  •  4
  •  -

「想像と創造」その1

娘に国立新美術館で開催されている「ミュシャ展」に一緒に行こうと誘われていたので、GWに二人で行ってきました。混むだろうとは思いましたが、GWしか予定が合わず、少しでも空いている朝一番で出掛けました。ところが....途中でお財布を忘れていることに気が付いて...「え~またぁ~?!」とか言われながら、そんな娘も二千円しか持っておらず、仕方がないので娘には先に行って入っているように伝え、私は財布を取りに一度帰り、...

  •  5
  •  -

寒い山中湖で

先日、ちょっと足をのばして、富士五湖の一つ「山中湖」へ行ったけれど、残念ながら富士山は雲の中。仕方がないので、富士山が見えるように祈りながら・・・湖を撮ったりボートを撮ったりスワンボートのポーズをしているスワンを撮ったり・・・寒かったなぁ~山中湖(山梨県)~...

  •  8
  •  -

春の涙

...

  •  10
  •  -