大塚山から

2016.10.20 (Thu)

大塚山から。

bee-大塚山2276

いつ見てもいい眺めです。

bee-大塚山2279

日は急ぎ足で傾くこの頃

bee-大塚山2282

逢魔が時

bee-大塚山2280

写真に何か写りそうな気がしたので

bee-大塚山2285

この日は道了堂の方へ行くのはやめておきました。


~大塚山にて(八王子市)~
もう少し明るい雰囲気だと散策しやすいのですけどね

早春の「絹の道」

2016.02.27 (Sat)

一昨日の朝は、雪景色の「絹の道」を撮りたかったのですが、雪は泡のようにあっという間に消えてしまいました。
これも春が近いということでしょうね。

bee-絹の道8847

歩いていると、梅に少しだけ雪が残っていました。
おまけに、「ホーホケキョ」まで聞こえましたよ♪

bee-絹の道8810

里山の風景が広がる鑓水地区

bee-絹の道8819

こちらは「絹の道資料館」の梅です。

bee-絹の道8825

お弁当を食べるスペースやトイレもあるので、お散歩の休憩にもいいですよ(^^)
私は、ここでレンズ交換をして戻りました。


 ~大塚山公園 絹の道(八王子市北野台~鑓水)~





絹の道物語

2016.02.26 (Fri)

江戸時代・横浜の開港。

bee-絹の道8832

八王子はもとより、長野・山梨・群馬方面からの輸出用の生糸はこの道を通って横浜の港まで運ばれました。

bee-絹の道8881

この道の近くにある鑓水村では、多くの生糸商人が輩出。
貧しかった小さな村は「江戸の鑓水」と呼ばれ、時代の流れと共に世界へ。

bee-絹の道8876

財力もあり、地域文化もたいへん盛んであったといいます。

bee-絹の道8895

また、この道を通って海外のものも運ばれました。

たくさんの行き交う人で賑わった道・・・。

bee-絹の道8885

しかし、明治時代、鉄道が横浜から八王子まで通るようになると、この道の役目は終わりました。

そして、今はとても静かな時間が流れています。


私は、この「絹の道ストーリー」が大好きであります。



 ~大塚山公園 絹の道・道了堂跡(八王子市北野台~鑓水)~






back-to-top